HOME >  わし鼻形成術

わし鼻形成術

わし鼻修正術

わし鼻は顔の中で大きく目立ってしまい、女性らしさという点ではマイナスポイント。
この手術は鼻骨を切除し、鼻骨軟骨および鼻中隔軟骨を処理して、さらに両鼻翼を中央に寄せて形成。
鼻尖部の下垂矯正も同時に行って全体的に鼻の形に整えます。

わし鼻修正は骨削りと鼻尖挙上術を

鼻先が下を向いて団子のように大きい、まるで魔女を連想させる鼻があります。このような鼻は「わし鼻」と呼ばれています。日本人には比較的少ないのですが、それだけにコンプレックスになりやすいともいえます。

まずなぜわし鼻になるのか、図解しておきましょう。下のイラストは、横から見た鼻の解剖図です。

鼻の解剖図

鼻の形状は、上から鼻骨、外側鼻軟骨、鼻翼軟骨によって形成されています。典型的なわし鼻は、鼻骨が大きいという特徴があります。まず鼻骨の横幅が大きく、鼻骨の先端部分も持ち上がっています。その一方で鼻尖はそれほど上がっていないため、鼻柱全体が丸くて大きい、存在感のある鼻になってしまうのです。

このような鼻を修正するには、大きすぎる鼻骨を削って小さくする必要があります。下の図のように、鼻骨のハンプ(盛り上がった部分)を中心に、全体的にバランスが取れるように「骨削り」を行うのです。

鼻骨のハンプ(盛り上がった部分)

鼻骨の両サイドを削る
まず鼻骨の両サイドを削ります。鼻骨の両側の皮膚を5mm程度切開し、そこに幅2~3mmのノミを入れて削っていきます。

形を整える
次に鼻骨先端部分です。ここは鼻の穴からアプローチし、やはりノミで鼻の稜線部分を削り、形を整えます。

しかしこれだけでは、バランスの取れた鼻にはなりません。鼻筋をすっきりと見せるには、鼻尖の位置を高くする必要があります。これが「鼻尖挙上術」です。

この施術では、左右の鼻翼軟骨の頭側を一部切除し、外側鼻軟骨の頭側に持ち上げるようにして縫合します。アプローチは鼻の穴から行うので、外側には一切傷はつきません。

鼻尖を小さくするイメージ

鼻尖の位置を挙上する(上方向にずらす)と、鼻尖の皮膚に余剰ができるため、鼻尖が丸くなることがあります。そのためこの施術を行う場合には、鼻尖縮小も同時に行います。両側の鼻翼軟骨を縫合して引き寄せることで、鼻尖を小さくするのです。

このように複数の施術を同時に行うことで、わし鼻を美しい鼻に修正できます。手術後はその日のうちにお帰りいただけますが、骨削りを行うため、麻酔は全身麻酔を使用します。

特徴

1.鼻の高さ、幅も小さくして小ぶりな女性らしい顔つきを作り出します。
2.鼻骨を切除することで、スッと通った鼻筋ができあがります。

症例のご案内

症例1

症例2

わし鼻形成術

顔の印象を大きく変えてしまうわし鼻をすっきりと修正。目元とのバランスもよくなります。

施術スケジュール

手術前 手術当日 翌日 2-3日後 5-7日後
・手術時間40~60分
・日帰り手術
・肌色テープ固定
・検診
・抜糸
・テープ固定除去
・抜糸後メイク可

施術料金

手術内容 費用
わし鼻形成術(削りのみ) 300,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

お電話は女性スタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください
無料カウンセリング予約 メール相談
ご予約・ご相談は0120-566-315
 


▲ページTOPへ