HOME >  トータルフェイスリフト(リガメントフェイスリフト)

トータルフェイスリフト(リガメントフェイスリフト)

トータルフェイスリフト

老けた印象を与える、シワ・タルミ。顔全体の衰えを一気に解消させるリガメントフェイスリフトが効果的です。頬全体から弛んだ首まで、そして法令線までもが解消されます
もともと、顔の皮膚は、顔の靭帯であるリガメントという強固な繊維組織により固定されています。それは耳下腺の前縁と咬筋の前縁、頬骨の前方外側の限られた部分にあり、このリガメントのある部分は、リガメントが骨に皮膚を強く固定しているため、たるみにくいのですが、リガメントのない部分の皮膚は土台となる組織との癒着が弱く、垂れ下がりやすくなります。
フェイスリフトにもさまざまな種類がありますが、中でもリガメントを支えに引き上げるリガメント法は効果的です。従来のSMAS法などのフェイスリフトに比べ、持続期間が長くなったほか、これまで難しかった法令線や鼻、口もとの横のシワやたるみに確実な効果をもたらします
耳前部で余った皮膚を切断することで、目尻の皺を解消し、目尻で眼輪筋を処理。また眼輪筋を引き上げることで、下まぶたなどのたるみに対処。さらに頬の咬筋前縁や頬骨に付着するリガメントを切断することで、頬、顎のライン、首のたるみを引き上げることができます。

リガメント法のメカニズム

リガメント

リガメントとは、顔面の皮膚と骨の間に貝柱のように皮膚を骨に強く固定しているのがリガメント(靭帯)です。
もともと、顔の皮膚は、顔の靭帯であるリガメントという強固な繊維組織により固定されています。それは耳下腺の前縁と咬筋の前縁、頬骨の前方外側、下顎骨の一部の限られた部分にあり、このリガメントのある部分は、リガメントが骨に皮膚を強く固定しているため、たるみにくいのですが、リガメントのない部分の皮膚は土台となる組織との癒着が弱く、垂れ下がりやすくなります

皮膚がたるむと凹みも生じる

皮膚が凹む

老化で皮膚がたるむことで、リガメントで固定されている皮膚が凹みます。
リガメント法では、耳前部で皮膚を切り取り、頬のたるみを引き上げることで、皮膚の凹みを解消します。しかし、ただ皮膚や筋膜(SMAS)を引っ張るだけでは、リガメントが抵抗になってたるみを引きのばすことができません。

引き上げ効果を高める

引き上げイメージ

フェイスリフト効果を高めるためには、リガメントを切断する必要があります。リガメントを切断することで、口角や法令線にまで引き上げる力が届くようになります。

後戻りの心配はない

後戻りがありません

皮膚や筋膜(SMAS)は、のびやすい分、後戻りもしやすい組織です。しかし、リガメントは皮膚や筋膜(SMAS)とは比べ物にならないほどしっかりした硬い組織なので、リガメントを利用して、たるみを引き上げると、後戻りがありません

リガメントを利用して、広範囲のタルミを一気に解消

傷の治りがきれい

強固なリガメントを利用するリガメント法では、皮膚を骨に固定しているリガメントをはずし、そのリガメントをリフトのアンカーとすることで、広範囲の皮膚を引き上げられます
また、従来のフェイスリフトのように、耳前部で皮膚を強く引き上げる必要がないので、傷の治りがきれいで、耳の変形が起こりません。

お電話は女性スタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください
無料カウンセリング予約 メール相談
ご予約・ご相談は0120-566-315
 


▲ページTOPへ