HOME >  目頭切開法(目の幅を広く)

目頭切開法(目の幅を広く)

目頭切開法

モウコヒダが残っている状態
東洋人の多くは、目頭にモウコヒダという皮膚の被さりがあります。
目頭のエッジ部分が眼球を覆うようにして被さっているため、目の幅も狭く小さく見えてしまいます。


離れた目をバランス良く、小さい目を大きくみせる目頭切開法は、次のようなお悩みやご希望をお持ちの方におすすめです。

 ・ 目が離れている方。
 ・ 平行型の二重にしたい方。
 ・ 目の横幅を大きくしたい方。

離れた目をバランスよく。小さい目を大きく見せる。

目の大きい方とそうでない方の差は大きいと思われがちですが、実際は成人の眼球の大きさにはさほど差はなく、どの程度露出しているか、というところで大きく見えたり小さく見えたりという差が生まれるのです。

そこで、目頭の左右数mmを切開する事でバランスを整え、横幅を大きくする事ができます。
また、末広がり型のふたえのラインを華やかな並行型の二重にすることもできます。

よりパッチリとした二重まぶたに!

よりパッチリとした二重まぶたにするには、目頭の蒙古ひだをなくす必要があります。この蒙古ひだをなくす施術である「目頭切開」について説明しましょう。

目頭切開にもいくつかの施術方法があります。もっとも簡単なのは、蒙古ひだの目頭部分を横方向に切開し、切開部分を縦に開いて縫合するというものです。これを「単純切除法」といいます。また蒙古ひだの部分を三日月状に切除して縫い合わせる方法もあります。これも単純切除法の一種だといえます。

これらの方法は施術がシンプルで、実際に数多くのクリニックで行われているようなのですが、当院では行っていません。このような単純な方法では縫合した皮膚に大きな負担がかかり、縫合部分が開いてしまったり、肥厚性瘢痕を残す危険性があるからです。

それでは、どのような目頭切開を行っているのか説明いたします。

方法は大きく二種類

(1)「W法」
これは目頭部分をWの形に切開し、皮膚の一部を切除した上で、残りの皮膚を移動して縫合するという方法です。

下の図をごらんください。これは蒙古ひだをもつ目の形を単純化したものです。左側の青い線で囲まれた部分が目頭です。この部分を拡大して、W法を図解してみましょう。

W法 図1

まず下の図の青いラインのように、目頭部分を切開します。さらに緑色の部分の皮膚を切除します。

W法 図2

次に、残した皮膚のaの部分をa’へ、bの部分をb’へと移動し、縫合します。これで皮膚に大きな負担をかけることなく、蒙古ひだを開くことができます。

(2)「Z法」
これは下の図のように、目頭部分をZ型に切開します。次に、下の図のようにaの部分の皮膚をa‘へ、bの部分の皮膚をb’へと移動し、縫合します。

Z法 図1

W法が「ひだを開く」方法だとすれば、Z法は「ひだを上げる」方法だといえます。Z法では大きく変化させることは難しいのですが、切開部分は比較的少なくなります。これに対してW法はZ法に比べて大きく変化させることができます。

Z法 図2

これらの方法は皮膚への負担が少なく、施術後の問題が少ないというメリットがあります。切開した部分も、目頭は血行が良いため、時間と共に目立たなくなります。
もし目頭切開を行うのであれば、W法かZ法で行うことをお勧めします。

症例のご案内

症例1

内田変法

他クリニックでArlt(三日月)法にて目頭切開、その後当院にて内田変法という術式にて修正手術。
離れた印象の目もとがバランス良くぱっちりとした目に改善しました。

症例2
症例3

その他様々な術式の目頭切開法

目頭切開法にはいくつもの術式があり、それぞれに特徴があります。
当院ではお客様の希望や元々の目もとの状態を考慮してなるべく負担の少ない術式をご提案いたします。

Pirk Z法
Root Z法
T-wplasty法
内田変法
Arit(三日月)法

※Arlt(三日月)法は、術後の結果が好ましくないため、当院では行っておりません。

施術スケジュール

手術前 手術当日 翌日 2-3日後 5-7日後
・手術時間
30~60分
・日帰り手術
・洗顔/コンタクトレンズ可 ・検診
・抜糸
・抜糸後メイク可

施術料金

手術内容 費用
目頭切開 216,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

お電話は女性スタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください
無料カウンセリング予約 メール相談
ご予約・ご相談は0120-566-315
 


▲ページTOPへ