HOME >  まつ毛 増毛 ルミガン

まつ毛 増毛 ルミガン

ルミガン

ルミガンとは

ルミガン使用イメージ

まつ毛貧毛症とは、まつ毛が貧弱で不十分な量しかない事を言います。 日本人は欧米人に比べ、まゆ毛の毛根そのものが少ないと言われています。

ですから、多くの女性が、マスカラやアイライン、エクステンションによって豊かな表情を手に入れようと努力をしているのですが、知らず知らずのうちにまつ毛を痛めてしまっていることをご存知ですか。

まつ毛の生え変わりのサイクルは、通常3~5ヶ月といわれていますが、様々なメイクにより、痛めつけられたまつ毛は、当然寿命が短くなり、成長も止まってしまいます。そこで、当クリニックでは、まつ毛を長く、太くすることのできる「ルミガン」をお薦めいたします。

特徴

ルミガンはもともと、緑内障治療用の点眼薬として使用されていたビマトプロスト*を利用し、 アラガン社(Allargan)によって開発された医療用のまつ毛育毛剤です。

まつ毛の根元に塗ることで、まつ毛を「長く」「太く」「濃く」します。
*:ビマトプロスト=既存の緑内障治療薬と比較して最も強力な眼圧降下作用を示す新世代のリピッド製剤」とされています。
ルミガンには0.03%のビマトプロストが含まれています。

まつ毛が短い
まつ毛が細い
まつ毛の量が少ない
まつ毛の量がまばら

※最低でも2ヶ月間以上の使用を推奨します。
ルミガンは、約1ヶ月で増毛効果が始り、2ヶ月目からその効果が実感できます。
臨床試験においてルミガンを16週間使用した方のうち、78%のまつ毛の太さ・長さともに十分な効果が確認さています。

※ルミガンの使用には医師の診断が必要です。
ルミガンは市販のまつ毛育毛剤と異なり、医療用に開発された薬剤ですので、医師の診察のもと処方されます。

※薬店・ドラッグストアでは市販されていません

副作用について

眼障害: 結膜充血、眼そう痒症、眼刺激、眼乾燥、眼瞼の紅斑、眼瞼乳首症
皮膚及び皮下組織障害 : 皮膚色素過剰

禁忌

ビマトプロストまたは本剤に含まれる他の成分に過敏な患者様

施術方法

ルミガン使用前
【STEP1】 ルミガン使用前
メイクを落とす
化粧水などのスキンケア
コンタクトを外す(塗布後15分程おいてから再装着可)

アプリケーターの準備
【STEP2】 アプリケーターの準備
トレーからプリケーターを取り出します。
アプリケーターのチップにルミガンを1滴垂らします。
※容器がアプリケーターのチップに接触しないよう注意してください。

アプリケーターでまつ毛の根元に塗布
【STEP3】 アプリケーターでまつ毛の根元に塗布
ルミガンをアプリケーターに垂らしたら、すぐに上まつ毛の根元(生え際)に塗ってください。
アイライナーを引くような感覚で、軽く湿る程度に塗ります。

余分な薬液のふきとり
【STEP4】 余分な薬液のふきとり
目の周りについた余分な薬液をコットンやテッシュなどでふき取ってください。

ルミガン本体

症例

症例1

症例2

施術料金

手術内容 費用
まつ毛 増毛 ルミガン 1本 5,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

お電話は女性スタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください
無料カウンセリング予約 メール相談
ご予約・ご相談は0120-566-315
 


▲ページTOPへ