HOME >  目の下のくま治療

目の下のくま治療

目の下のくま

目の下のくまは、疲労や寝不足が原因ではありません。

疲れや寝不足によって目の下にくまができるという俗説があります。
しかし、医学的には根拠はありません
もし疲労や寝不足が原因であれば、熟睡し休養すれば治りそうなものですが、実際はそうではないために目の下のくまやタルミで悩む方が多いです。

クマの種類について

クマには3つの種類があります。

1 黒クマ(影クマ)

黒クマ

たるみによるクマ

症状

目の下が脂肪で膨らみ、その膨らみが影となって頬のくぼみ(いわゆるゴルゴライン)を強調している状態です。

原因

眼輪筋、皮膚、そして眼球を支えているじん帯の張りが加齢とともに弛んでくることから、眼球隔膜の下でクッション役をしている眼窩脂肪が、眼球に押されて前方に突出することが原因です。

2 赤クマ

赤クマ

血行不良によるクマ

症状

皮膚の下の静脈や筋肉(眼輪筋)が透けて見える状態です。

原因

加齢とともに皮膚が薄くなったり、頬の上部の脂肪が減少・下垂したりすることなどで血行不良が生じ血液がうっ滞することによって赤味が強調されます。

3 茶クマ

茶クマ

色素沈着によるクマ

症状

メラニン色素が沈着し小さなシミが繋がって見える状態です。

原因

マッサージやメイク落としで、目の周りを強く刺激過ぎると、皮膚が乾燥し紫外線などの影響で色素沈着を起こしやすくなります。

なぜ下まぶたが膨らみ、垂れ下がって行くのか

①下眼瞼径結膜脱脂法

次の写真のように、下まぶたは加齢とともに脂肪が膨らみ、その下にクマ」ができます。

このような膨らみを「眼袋」といいます。眼袋ができて垂れ下がっていくと、お顔の表情も「歳をとった」感じになります。

このような症状を治す施術が皮膚を切らずに瞼の裏からアプローチする径結膜脱脂法です。

下まぶたが垂れ下がってくる

それではなぜ下まぶたが膨らみ、垂れ下がってくるのでしょうか
それは眼の構造に関係があります。眼球は頭蓋骨にある「眼窩」という窪みに収まっており、その上をまぶたで覆われています。頭蓋骨の上に直接乗っている筋肉は比較的に厚いのですが、眼窩の上を覆っている眼輪筋は薄い筋肉です。
眼輪筋の下には眼窩隔膜があり、さらにその下には脂肪があります。
図にすると次のようになります。

眼球の構造

眼球は重力の影響によって、寝ている時以外は常に下向きの力を受けています。眼球が下向きの力を受けると、その直下にある下まぶたの脂肪が押され、前に押し出されます。
この力が眼輪筋や皮膚に加わることで、眼袋が膨らんでいきます。
重力の作用で発生する症状なので、横になった状態では眼袋はフラットになります。目袋が膨らんだ方でも、横になると若く見えます。

②径結膜脱脂法+ダブルファット法

眼袋の膨らみは、二十歳頃から始まります。それが加齢と共に大きくなり四十~五十代になると膨らみが下半分に集中し、下まぶたの中央部分に横方向のシワが刻まれます。
このシワが一本は入ると、その後はどんどんシワが増えていくことになります。

眼袋の構造

このような症状を早い段階で解消するための施術が径結膜脱脂法とダブルファット法です。
施術方法は下ばぶたを裏返し、下目瞼結膜を切開して脂肪を取り除きます。縫合には吸収糸を使用し、抜糸は行いません。更に八の字に凹んだ部分に脂肪を注入することによりフラットになり、若々しい目元になります。

径結膜脱脂法を行う上で重要なのが、眼袋が膨らみ始めたらできるだけ早期に施術を行うことです。
早いうちに脱脂しておくと、その後の進行を抑えられるからです。最初の段階では②の目元の写真のように、下眼瞼下部にへこみができ、クマが出たように見えるはずです。
この段階で施術するのがお勧めです。図にすると、次のようになります。

早期の下まぶたの膨らみ

下眼瞼径結膜脱脂法の適用年齢は、二十~四十歳前半です。
これ以上の年齢になると、下眼瞼脱脂では対応できません。その場合には下眼瞼切開という施術を行うことになります。もちろん下眼瞼切開の方が大がかりな施術になります。早期発見、早期治療が重要なのです。

お電話は女性スタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください
無料カウンセリング予約 メール相談
ご予約・ご相談は0120-566-315
 


▲ページTOPへ