HOME >  二重まぶたについて理解しましょう

二重まぶたについて理解しましょう

二重まぶたについて理解しましょう

日本人は一重まぶたと二重まぶたの比率がだいたい1対1で、約半数の方が一重まぶたです。一重まぶたでも美しい目をした女性(男性も)はたくさんいらっしゃるのですが、二重まぶたは美人の条件という方は今でも少なくありません。そのため若い女性の中には、一重まぶたを二重にしたいと希望される方が多いようです。

確かに二重まぶたは目元がパッチリして見えるので、表情が明るくなります。しかしただ単に二重まぶたにすればいいというものではありません。二重まぶたにも、実はいろいろな種類があり、施術方法も多岐にわたります。適切な施術を選ぶには、どのような種類の二重まぶたがあるのかを理解しておく必要があるのです。
多くの方は、「パッチリとした二重まぶたにしたい」と考えていらっしゃるようですが、きちんとした理解がないと思ったような結果が得られない可能性があります。二重まぶたというものは、実に奥が深いのです。

目頭の「蒙古ひだ」があるかないかによって、大きく2種類に分類できます!

まずは下の図をごらんください。これは二重まぶたをいくつかの種類に分類したものです。

二重まぶたの種類

左側が蒙古ひだ「あり」、右側が蒙古ひだ「なし」です。蒙古ひだがあると、その分だけ目頭の位置が外側になるため、目の大きさが小さくなります。より大きくパッチリとした目にするには、目頭切開という施術によって、蒙古ひだをなくす必要があります。日本人の場合、だいたい8割の方が蒙古ひだを持っています。

さらにもうひとつ、目尻の形でも分類できます。これは加齢によって変化します。若いうちはお肌の張りがあるため、目尻の形もしっかりしていて、二重が末広がり型になります。しかし加齢と共にお肌の張りがなくなっていくと、目尻部分がくっついてきます。これがさらに進むと、目尻が垂れ下がってしまうのです。このような状態を元に戻すには、上眼瞼切開という施術を行います。

これらをまとめると、二重まぶたには大きく4つの種類があることがわかります。
(1)蒙古ひだがあって目尻に張りがあるものは末広型
(2)蒙古ひだがあって目尻がくっついたものは三日月型
(3)蒙古ひだがなくて目尻に張りがあるものは平行型
(4)蒙古ひだがなくて目尻がくっついたものは逆末広型
と呼ばれています。

最も目がパッチリと見えるのは、やはり並行型でしょう。しかしすべての患者さまが、並行型を目指すべきだとは思っていません。例えば末広型はおとなしく知的な印象を与えますし、三日月型もけっこうチャーミングです。どの二重まぶたが理想的なのかは、どのように見られたいのかによって変わってくるのです。

また顔の輪郭や各パーツの形、配置には個人差があります。そのため、どの二重まぶたにするとバランスがいいのかも、患者さまによって変わってきます。そのため当院では、施術前に鏡を見ながら納得のゆくまで話し合いを行い、理想的なラインを決めていきます。

重要なのは、ご自身の現在の目の形を知ること、どのような印象を与えたいのかを明確にすること、そして二重まぶたには複数の種類があるということを理解することです。二重まぶたの施術は複数ありますが、どの施術の場合でも、すべてここからスタートすべきです。

お電話は女性スタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください
無料カウンセリング予約 メール相談
ご予約・ご相談は0120-566-315
 


▲ページTOPへ