HOME >  鼻翼縮小術

鼻翼縮小術

鼻翼縮小術

鼻翼(一般には小鼻と呼ばれています)が左右に張ったり広がっているのが、いわゆるあぐら鼻です。
鼻の穴が大きく見えるので、特にコンプレックスに感じる方が多い症例です。
手術は鼻翼内側の粘膜を切除して縫合するか、鼻翼の付け根を切り取って形を整えていきます。

施術について

鼻翼(小鼻)が横に張り出した鼻は、俗に「あぐらをかいたような鼻」と言われ、このような鼻にコンプレックスを持つ方も少なくありません。鼻の穴が目立ち、鼻全体が大きく見えてしまうため、なんとかしたいと思っている方もいらっしゃるはずです。

このような鼻を小さく整える施術が「鼻翼縮小術」です。数多くのクリニックで行われていますが、日本人に適した施術は、実際に必ずしも多くありません。

施術を受けられる方がお望みなのは、単に小鼻を小さくするのではなく、鼻全体をすっきりとさせ、顔全体の中でのバランスを良くすることのはずです。この目的を達成するには、鼻翼の大きさだけを見るのではなく、全体として自然な形に整えるという発想が必要です。そしてもちろん、手術後の痕跡が目立たないことも重要です。

それではなぜ日本人に合った鼻翼縮小術が少ないのでしょうか。まず一般的に行われている施術を見ていきましょう。

内側切除の場合
内側切除

外側切除の場合
外側切除

一般的な施術では、鼻翼の付け根部分で鼻翼の一部を紡錘状に切除し、再び鼻翼を縫合することで、鼻翼の大きさを縮小します。これは非常にシンプルな方法ですが、2つの問題があります。

まず第1は、鼻翼の大きさは小さくなりますが、鼻翼の「幅」はほとんど変わらないことです。この施術では鼻翼の一部を切除して、再び鼻翼の外側の皮膚と縫合しているわけですが、この部分の皮膚は頬と連続しているため可動性が乏しい(動きにくい)のです。これに対して鼻翼の内側(鼻柱側の皮膚)は可動性が高く、よく伸びます。そのため鼻翼は外側に引っ張られやすくなります。鼻翼を修正してすっきりさせるには、鼻翼の幅を縮小しなければ効果がありません。しかしこの施術ではその効果が得られにくいのです。

第2の問題は、必要以上に鼻の穴が小さくなってしまうことです。鼻翼の一部を切除して縫合するため、鼻の穴の「円周」は当然ながら短くなります。しかし日本人で「あぐらをかいたような鼻」の人は、必ずしも鼻の穴が大きいわけではありません。もともと日本人の鼻の穴は小さいのです。鼻翼の幅が変わらないのに鼻の穴が小さくなってしまうと、鼻の形状のバランスが悪くなってしまいます。

これらの問題を解決するため、コムロ美容外科では、独自の施術を開発しています。

日本人に最適な鼻翼縮小方法

この方法では、一般的な方法であれば紡錘状に切除してしまう皮膚を切除せず、反対側に通じる皮下トンネルをつくって真皮皮弁を反対側に引っ張り、反対側の鼻孔底の皮下組織に縫合します。簡単に言ってしまえば、鼻翼の両サイドを内側に引っ張ることで、鼻翼の幅を小さくしてしまうのです。

こうすれば必要以上に鼻の穴を小さくすることなく、鼻翼の幅を狭められます。日本人に最適な鼻翼縮小方法なのです。

鼻の穴の中からアプローチするため、手術根は目立ちません。麻酔も部分麻酔で、施術後はその日のうちにお帰りいただけます。

特徴

1.鼻の穴の中からアプローチしますので手術痕は目立ちません。
2.手術痕が目立たないように、手術は鼻翼の付け根線に沿って行われます。

症例のご案内

症例1

症例2

症例3

鼻翼縮小術+ノーズアップ法

鼻孔を縮小させることで、正面からでも小鼻が目立たなくなります。
この症例ではノーズアップ法を併用し、全体の形を整えました。

施術スケジュール

手術前 手術当日 翌日 2-3日後 5-7日後
・手術時間40~60分
・日帰り手術
・肌色テープ固定
・検診
・抜糸
・テープ固定除去
・抜糸後メイク可

施術料金

手術内容 費用
鼻翼縮小術 200,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

お電話は女性スタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください
無料カウンセリング予約 メール相談
ご予約・ご相談は0120-566-315
 


▲ページTOPへ