HOME >  鼻尖部縮小術

鼻尖部縮小術

鼻尖縮小術

鼻の頭(鼻尖)がふくらんだ状態のダンゴ鼻。
鼻尖の形を変えるだけで、鼻全体をすっきりさせて美しい鼻筋を作り出すことが可能です。手術は鼻の中央部の両鼻翼軟骨間の余分な組織を除去して、鼻翼軟骨を両側から寄せて鼻先を細く修正します。

理想的な鼻の形にするには

日本人には団子鼻の人が少なくありません。そのような方の多くは「もっとほっそりしたシャープな鼻先だったらいいのに」と感じているのではないでしょうか。美人と感じられる方の鼻先のとがり具合は、曲率半径でいうと8~12mmの範囲に入ることが多く、それより大きいと団子鼻という印象を与えます。

また鼻の穴と鼻尖の関係も、顔を美しく見せるには重要なファクターになります。下の図のような比率が、一般的な美人の鼻です。

鼻の穴と鼻尖の比率

まず鼻下面から見た鼻尖の高さは、全体の1/3がよいとされています。また鼻尖幅は鼻橋基底(鼻と鼻の下が接している部分)の幅の3/4、鼻翼幅の1/2が理想です。鼻翼幅の平均は32mmなので、鼻尖幅を16mmにすれば、美しい鼻になるといえます。(鼻尖幅と曲率半径はまったく異なるものなので、混同しないでください)

もしあなたが団子鼻だとしても、あきらめることはありません。施術によってよりほっそりとした、自然でシャープな鼻に変えることができるからです。

下に示すのは鼻の解剖図です。

鼻の解剖図

鼻の形は、鼻骨、外側鼻軟骨、鼻翼軟骨、そして軟骨上の軟部組織(脂肪など)の形状や大きさで決まります。団子鼻は

(1)軟骨上の軟部組織が大きい

(2)鼻翼軟骨が大きい

(3)左右の鼻翼軟骨の間が開いている

といったケースがほとんどです。従って

(A)軟骨上の軟部組織を切除する

(B)鼻翼軟骨を縮小する

(C)左右の鼻翼軟骨の間を狭める

といった方法で修正できます。

一般的なクリニックで行われているのは、(B)と(C)の施術です。(B)を「鼻翼軟骨頭側切除術」といい、(C)の施術を「鼻翼軟骨間縫合」といいます。

しかしこれらの施術は、日本人の団子鼻の修正には向いていません。それではどのような施術が有効なのでしょうか。

日本人に適した鼻尖部縮小術とは

一般的なクリニックで行われている「鼻翼軟骨頭側切除術」と「鼻翼軟骨間縫合」は、日本人の団子鼻修正には向かないと述べました。それはなぜなのでしょうか。

これは東洋人と西洋人の鼻尖には、解剖学的構造の差があるからです。東洋人と西洋人の団子鼻は、外見はとてもよく似ていますが、その要因は大きく異なります。

西洋人の団子鼻の主な要因は、鼻翼軟骨の大きさと形態にあります。そのため西洋人に対しては、先ほどの2種類の施術は大きな効果があります。

これに対して東洋人(特に日本人)の場合は、鼻翼軟骨上に脂肪や皮脂腺が多く存在し、皮膚全体も厚ぼったく硬いという特徴があります。そしてその支持組織である鼻翼軟骨は、比較的小さくて薄く、柔らかいのです。そのため鼻翼軟骨だけを修正しても、鼻尖縮小の効果は限定的になります。それどころか逆に、問題が生じることもあるのです。

まず「鼻翼軟骨頭側切除術」ですが、確かに鼻尖の太さを協調する鼻の張り出しは減少しますし、外側鼻軟骨と鼻翼軟骨との間の繊維結合が切断されることで鼻翼軟骨が鼻腔内に落ち込むため、鼻尖縮小効果は認められます。しかし鼻翼軟骨を切除することで外側鼻軟骨との間にすきまができ、この状態で鼻翼軟骨同士を縫合することで、わずかに鼻尖の位置が上へと移動します。つまり鼻先が上がり、ブタ鼻になってしまう危険性があります。

「鼻翼軟骨間縫合」については、そもそも日本人のほとんどは鼻翼軟骨の広がりが団子鼻の原因ではないので、効果はほとんどありません。また日本人の鼻翼軟骨は小さくて柔らかいため、その間を単純に狭めてしまうと強度が不足し、鼻筋が曲がってしまう危険性があります。

それではどのような施術が効果的なのでしょうか。コムロ美容外科では、以下のような施術をお勧めしています。

(1)まず日本人の鼻先の大きさを決定する最も大きなファクターである、軟骨上の脂肪組織を切除します。

(2)鼻翼軟骨の一部を切除して小さくします。

(3)鼻翼軟骨間に、(1)で取り出した脂肪の一部または患者さまの耳介軟骨を、形を整えて挿入し、鼻筋の強度を確保します。

(4)鼻翼軟骨間を縫合し、鼻尖の幅を狭めます。

鼻先を自然に美しくするには、これら全ての操作が必要です。また(4)の鼻翼軟骨間縫合では、単に糸で寄せるだけではなく、鼻尖が曲がらないよう、左右対称にキッチリ縫合する必要があります。鼻の長さが短い場合には、鼻翼軟骨を中心に寄せるように縫合すると、正面からは補足見えても、横から見た場合に鼻先が丸くなったように感じることもあるので要注意です。

あらゆる方向から見てシャープな印象を与えるには、3次元的な美しさを追求した、きめ細かい施術が必要なのです。

施術のための切開方法も、最小限の切開ですませるクローズド法と、施術の視野を確保するオープン法を、適切に使い分けなければなりません。一般的な施術のほとんどはクローズド法で対応できます。しかし全体像を把握しながら複数の操作を適切に行うには、オープン法の方が適している場合もあります。

鼻先を高くしたい、下に向けたい、上に向けたいといったご希望がある場合には、この施術と同時に自家組織移植を行うこともあります。

実はこれらの手技を確実に行うには、かなりの経験と、3次元的センスが欠かせません。そのため鼻尖縮小術を安心して任せられるクリニックは、決して多くはないのです。

団子鼻の修正を考えていらっしゃる方は、是非ともこの点にご注意ください。

特徴

1.鼻の穴の中からアプローチしますので手術痕は目立ちません。
2.鼻先の形が少し変わるだけでも、鼻全体がすっきりと見えます。

症例のご案内

症例1

鼻尖部縮小術

同手術では鼻の穴(鼻孔)縦長になることにより、鼻が細く高く見える効果があります。

施術スケジュール

手術前 手術当日 翌日 2-3日後 5-7日後
・手術時間40~60分
・日帰り手術
・肌色テープ固定
・検診
・抜糸
・テープ固定除去
・抜糸後メイク可

施術料金

手術内容 費用
鼻尖部縮小術 300,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

お電話は女性スタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください
無料カウンセリング予約 メール相談
ご予約・ご相談は0120-566-315
 


▲ページTOPへ