HOME >  ワキガ・多汗症

ワキガ・多汗症

ワキガ・多汗症

ワキガってなに・・・?

腋の下(腋窩)から特有の悪臭を放つ状態をいいます。

脇の下から分泌される3種類の分泌腺

1、皮脂腺:毛穴の出口周囲に存在する分泌腺です。お肌に保湿と柔軟性を与え、バリアー機能に関与しています。手のひらや足の裏を除く、ほぼ全身に分布しています。

2、エクリン汗腺:真皮深層に存在し、皮膚表面に直接開口しています。大量の水を分泌しています。つまり汗のほとんどが関与しています。全身に分布し、特に手のひら、腋の下、足の裏が顕著です。自律神経に関与しているために、緊張し過ぎると汗をかいたりするのはエクリン汗腺からの分泌によるものです。

3、アポクリン汗腺:皮下脂肪上層に存在し、毛穴に開口しています。思春期以降に増大し、発達します。分泌液は乳白色を呈し、粘り気があります。腋窩、生殖器周辺、外耳道に分布しています。自律神経に関与しています。

3種類の分泌腺

ワキガのメカニズム

エクリン汗腺からの発汗により、腋の下は湿った状態になり、細菌が繁殖します。ここに、毛穴から皮脂腺とアポクリン汗腺の分泌液が出てきます。すると、細菌は分解され、臭いが拡散し、特有の悪臭を放します。

ワキガのメカニズム

常染色体優性遺伝

両親ともにワキガであれば、約80パーセントの確率でワキガ体質です。片親がワキガであれば、約50パーセントの確率でワキガ体質です。

施術方法

現在、注入法(ボトックス、ディスポート)以外では吸引法、掻破法、レーザー法、超音波法などさまざま方法が行われております。これらの方法の特徴は、小さな切開創で治療を行うことです。
確かに切開創が小さくて良いかもしれませんが、問題は盲目的(直接目で見ることなく)に、アポクリン汗腺を完全に取れるかです。アポクリン汗腺は簡単に除去できるものではありません。そこでお勧めしたい完全に汗腺を除去する施術法は反転剪除法です。

反転剪除法

反転剪除法は直接目で見ながら除去するため、汗腺除去率が最も高く、効果のある治療法です。方法は腋の下を約4センチ切開、反転し、皮下組織内のアポクリン汗腺とエクリン汗腺を専用の鋏で一つ一つ丁寧に取り除きます。よって、重度のワキガに対しても確実性の高い方法です。

特徴
◎メスを使わず施術時間は10分程度で終了します。
◎施術直後から、日常生活の制限は全くありません。
◎暑い夏や着ぶくれの冬など汗をかきニオイが気になる時期の前に受けられる方が多くいらっしゃいます。

Q&A

再発することはありませんか?

ワキガ、多汗症の手術には病院や医師の技術によって差はありますが、決定的なものは施術方法です。切開創が小さく盲目的(直接目で見ることなく)に行えば、どのような方法でも完全には取りきれず、再発する可能性が高くなります。反転剪除法は汗腺を直接見ながら、取り除きますので再発することはありません。


傷跡はどのくらい残りますか?

腋の下には数本のシワがあります。そのシワに沿って切開し、丁寧に縫合しますので、術後はほとんど目立ちません。但し、術後1ヶ月間は、ジョギングなどのような摩擦を起こさせるようなことは避けてください。これを守って頂ければ、傷跡の心配はありません。


他の病院で手術を受けたが、しばらくして再発してしまいました。
このようなことがあり得るのでしょうか?

十分に考えられます。中途半端な施術は必ず再発します。一つ一つの汗腺を直接見ながら取り除く反転剪除法であれば、再発はしません。施術を受けられる前に十分なインフォームドコンセントをお勧めします。

腋臭症手術 施術スケジュール

手術前 手術当日 翌日 2-3日後 5-7日後
・手術時間
90~120分
・日帰り手術
・シャワー可 ・3~5日間は
ガーゼにて圧迫
・ 検診
(圧迫除去時)
・検診
・抜糸
・入浴(抜糸後)

施術料金

手術内容 費用
腋臭症手術〔反転剪除法〕 300,000円~500,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

お電話は女性スタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください
無料カウンセリング予約 メール相談
ご予約・ご相談は0120-566-315
 


▲ページTOPへ