HOME >  アプローチ法

アプローチ法

アプローチ法

アプローチというのは、どのようにメスを入れ、どのように施術を進めていくのか、ということを意味します。

なぜこの話をするのかというと、鼻の施術は狭い場所で正確な操作を行う必要があるため、施術を成功させるには、アプローチの習熟が欠かせないからです。施術を受ける方も、どのようなアプローチが存在するのかを、大まかに知っておいた方がいいと思います。

鼻の施術におけるアプローチは全部で6種類あるのですが、一般的に広く用いられるのは以下の3種類です。

(1)鼻翼軟骨下切開
 鼻先を触るとちょっとこりこりしていますが、ここには「鼻翼軟骨」という軟骨があります。鼻翼軟骨は鼻柱(2つの鼻の間を隔てる壁)から鼻の尖端、そして鼻翼(小鼻のことです)の途中までつながっています。この鼻翼軟骨の鼻翼側の縁にそって、鼻翼を鼻の穴の内側から切開していくのが、鼻翼軟骨下切開です。
 このアプローチは主に、鼻尖をとがらせる鼻尖部縮小術や、鼻の根本から尖端までの鼻筋を通すL字形の人工軟骨(プロテーゼ)を挿入する場合に用いられます。無駄な剥離を抑えることができ、鼻の外部に傷痕が残らないというメリットがありますが、視野が限られるため、経験の乏しいドクターにはちょっと難しいかもしれません。

(2)鼻軟骨間切開
 鼻翼軟骨の上(鼻根に近い方)には、外側鼻軟骨があります。鼻翼軟骨と外側鼻軟骨の境界にそって鼻の穴の内側から切開するのが、鼻軟骨間切開です。
 このアプローチは主に、鼻の根本だけにI字型のプロテーゼを単独で挿入する場合に用いられます。日本人は鼻孔が小さく、鼻翼軟骨下切開よりも視野が狭くなるので、施術はやや難しく、ドクターの手腕が問われます。しかしこれも鼻翼軟骨下切開と同様に、鼻の外部に傷痕が残らないというメリットがあります。

(3)経鼻柱切開
 2つの鼻の穴を隔てている鼻柱の中央を切開し、施術を行うというアプローチです。鼻柱の中央部分が最も壁が薄く、施術後の傷痕も目立ちにくいので、ここをV字形やステップ型に切開するケースが一般的です。
 このアプローチは「オープン・アプローチ」とも呼ばれており、広い視野を確保できるため、施術が行いやすいという特徴があります。その反面、鼻柱に傷痕が残るというデメリットもあります。ただし実際の傷痕はほとんど目立ちません。

 この他にも、わし鼻修正等で鼻骨を切除する場合には、鼻根部と鼻の両サイドを2mm程度切開する「小皮膚切開」というアプローチがあります。また頭蓋骨の鼻の穴にあたる部分を梨状孔といいますが、この梨状孔の縁にそって鼻の穴の内側から切開を行う「梨状孔縁切開」というアプローチを、鼻骨切除で用いるケースもあります。

 ここで重要なのが、施術内容に最適なアプローチを選択することです。オープン・アプローチでも傷痕はそれほど目立ちませんが、可能であれば鼻の穴の内側からのアプローチを選択する方がいいでしょう。このような発想は、施術を受ける方にとっても重要です。オープン・アプローチしか用いることのできない、技術レベルの低いドクターを選ぶのは、賢明だとはいえません。

お電話は女性スタッフが対応いたします。お気軽にご相談ください
無料カウンセリング予約 メール相談
ご予約・ご相談は0120-566-315
 


▲ページTOPへ